日本共産党
神奈川県議会議員

石田 和子

いしだ かずこ
くらしと平和 希望ある未来へ
石田 和子
ブログ

県立瀬谷西高校の菅前首相の講演の見直しを要請

2022年6月4日

20220602_thumb[1668]

5月31日、県教育委員会は、6月13日に県立高校において行われる政治参加講演会について記者発表を行いました。2022年度をもって再編統合により廃校となる記念事業で、同校が取り組んできたシチズンシップ教育の一環として、高校3年生を対象に菅義偉前首相による政治参加に関する講演会を行うというものです。これには驚きました。

わたしたち県議団は、6月2日、花田教育長あてに見直しを求める要請を行いました。

教育基本法第14条第2項には「法律に定める学校は、特定の政党を支持し、またはこれに反対するための政治教育その他政治活動をしてはならない」と定めています。また、文科省は教育委員会制度の意義としてホームページ筆頭に政治的中立性の確保をあげていると指摘し、参院選前でもあることから、認識をただしました。教育委員会からの聞き取りや報道からあるような、地元県議の仲介についても教育基本法の理念に反すると指摘しました。

応対した高校教育課長は「テーマが横浜国際園芸博覧会などに限っての講演であり、政治的中立が侵されるとは思っていない。今の時点で企画の見直しを求める動きはない」と回答。

私たちは「特定の政党だけを呼ぶということ自体が、政治的中立に反する。学校が考えた企画だとしても、政治的中立が確保されるよう助言するのが教育委員会の役割だ」と指摘し、見直しを強く求めました。

教育関係者や県民、市民団体からも「県立高校に特定政党の現職国会議員が講演するのは初めてではないか」「教員には偏向するなと言いながら、教育委員会が偏向するとはどういうことか」などの声が寄せられています。教育委員会や県立瀬谷高校へもたくさんの意見や問い合わせが来ているとのことです。課長は見直す考えを示しませんでしたが、是非、法に則って見直すことを求めます。

要請文は、県議団のホームページに全文が掲載されています。是非、ご覧ください。

PAGE TOP