日本共産党
神奈川県議会議員

石田 和子

いしだ かずこ
くらしと平和 希望ある未来へ
石田 和子
ブログ

川崎労連、北部建職組合、横浜建設一般労組の新春のつどいでみなさんにご挨拶

2023年1月15日

IMG_3706[2035]

3年ぶりの新年の集いの案内をいただき参加しました。

やはり、皆さんと親しく挨拶を交わすことができて笑顔があふれます。どのつどいも今年は統一地方選挙の年、組合の要求を頑張ってくれる人を議会に送ろうと言っていただき、身が締まる思いです。私は今任期で引退し、野末明美さんが県議選にチャレンジすることを挨拶で述べ、ぜひお力を貸してくださいと訴えます。

IMG_3704[2033]

川崎労連の新春旗開きでは、労働者の闘い、裁判闘争も紹介されました。労働法性が改悪される中で、派遣労働や非正規労働が拡大されたことなどが話され、団結して頑張ろう!のエールが交わされました。

IMG_3746[2034]

北部建職組合、横浜建設一般労組では、2019年に消費税が8%から10%に増税された。翌年に新型コロナが発生し、今、第8波の拡大が起こっている。そしてこの間の物価高騰、資材、原材料の高騰で、建設業や中小業者の営業と暮らしが直撃されている。

こんな時に軍事費を2倍に、大増税は許されない。消費費税を5%に下げ、10月からのインボイスはやめさせたい。コロナ禍の元で医療体制の脆弱が浮き彫りになったこと、国の悪政の防波堤になって県民の暮らしを守るのが県政の役割というような趣旨の挨拶をしています。

写真は川崎労連と横浜建設一般労組のつどいの写真2枚と、小堀市議とのずえさんとの3人の写真は、多摩川をバックの写真です。

みなさんのお力で4年前に市議のバトンを私からしっかり受けとった小堀しょうこさんは2期目の挑戦!

今度は県議のバトンを、明るく元気に頑張るのずえ明美さんにしっかり渡したい。

のずえ明美さんの強みは、医療従事者として現場で働いてきたこと、保育園でも働き、何より子どもの成長を保護者とともに願い、そして保護者の働く実態の厳しさに心を寄せてきたことなどを自ら体験していることです。だからこそ、ケア労働者の待遇改善をしたいと心から願っていることです。そして家庭では子育て、介護も! 色々大変なのに、彼女はめげない、いつも前を向いているところがすごい!そしてその人の立場に立って考えられる!

この間、ともに活動する中で私が感じていることです。のずえ明美さんにバトンを渡せるよう私は頑張ります。みなさんよろしくお願いします。

PAGE TOP