日本共産党
神奈川県議会議員

石田 和子

いしだ かずこ
くらしと平和 希望ある未来へ
石田 和子
ブログ

2020年新年会が続いています

2020年1月21日

新年会が続きますが、色々な方々とお会いしてご意見を伺う貴重な機会でもあります。

視力障がい者協会の新年会では、溝ノ口駅から北身館までの点字ブロックがついたと数人の方からお礼を言われました。まだまだ必要なところがたくさんありますし、エスコートゾーンも川崎は少ないですから、必要です。畑野衆議院議員と君嶋県議、渡辺市議と写真におさまりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

社会福祉協議会の賀詞交換会では、ある聴覚に障害のある方から、交通事故にあった時に、説明をするのに現場に手話通訳者の方を呼んでほしいとお願いしたが呼んでもらえなかった。システムがあるようだが、警官に周知して欲しいというご意見を伺いました。当然のことで納得です。

神奈川県保険医協会では、他党の方々も参加されていましたが、一人づつの挨拶の機会がありました。私は川崎市議のときからずっと小児医療費助成制度の拡充を発信し続けてきたので、子供の病気や怪我のときにお財布の中身を心配しなくてもすぐに治療を受けられるように取り組んでいきたいと話しました。先日の町会の新年会でも子育て中の父母の方から川崎に来て子育て支援が遅れているのに驚いた。人口が増えて若い人が川崎は多いのに拡充して欲しいと言われました。県政、市政の課題です。

DSC_1557

民間保育園協会では、待機児解消のために保育園が増えている中で、乳幼児期の保育士の役割がとても大きいことから保育の質を確保するために研修に取り組んでいること、保育士の確保や処遇改善、無償化に伴って事務の負担の軽減などの要求も話されました。写真は保育士の方の獅子舞です。とても上手でした。

IMG_0031

今年の成人式はこれまでと違い、主役である成人の皆さんの席にスポットがあたっていて、よかったです。成人の誓いの言葉も素晴らしかったです。1999年4月2日から2000年4月1日に生まれた方が対象です。例年、私が保育士の時に生まれた子どもたちのことを思いながら、どの子たちが対象なのかなど考えながら参加していましたが、とうとうその頃の子どもたちではなくなり、私が議員になった年に生まれた皆さんです。年月の経つのは早いものです。夢に向かって、その人らしく自分の人生を生きて欲しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成人を祝うつどいのあと、会場の等々力アリーナの前で、午前の部に出席した畑野議員と党の川崎区、幸区、中原区、高津区の市議、県議で写真におさまりました。

PAGE TOP