日本共産党
神奈川県議会議員

石田 和子

いしだ かずこ
くらしと平和 希望ある未来へ
石田 和子
ブログ

今、大切なこと 妊婦さんにPCR検査の実施と産後のママをささえる産後ケアを

2020年5月31日

子育て3

安心して出産に臨めるように全妊婦へのコロナウイルス感染を調べるPCR検査の実施を求めるネット署名が横浜の助産師さんたち中心に始まっていると聞きました。

母と子を守り、分娩施設を感染や感染による閉鎖から守るために、PCR検査を無料で実施することが必要です。また、分娩に関わる医師、助産師、看護師などの医療従事者にもPCR検査は必要です。

新型コロナの影響で母親学級、両親学級なども中止になり、特に、初めての出産を控えた妊婦さんは不安でいっぱいの方も多いと思います。さらに現在は出産に立ち会うことができない配偶者に対するPCR検査も行い「立ち会い出産」の復活で父性を育てていくことが、今増えているDVや児童虐待を防ぐためにも決定的に重要と主張されている産科・婦人科の先生もいらっしゃいます。私も同感です。

そして出産直後は慣れない育児に悩みがちな母親への支援が最も必要な時期です。しかし、この新型コロナウイルスの影響で自治体の保健師訪問が中止になるなど産後間もない親子が孤立しやすい状況が続きます。この時期特有の悩みを周囲が理解しケアすることが必要です。

自分も覚えていますが、生後1ヶ月ごろに行われる保健師の訪問で、接し方についてアドバイスを受けて精神的に楽になったのを覚えています。とても大事なことです。でも今はコロナ渦の中で、それも中断しています。予定していた里帰り出産ができなかったり、実家の支援を得られずに育児をスタートさせた家庭も多いと思います。是非、新生児訪問に関わる保健師さんや産後ケアを行う助産師さんがPCR検査を行い、産後の母と新生児を支える活動を再開できるようにすべきと思います。

その中核になる保健所の保健師さんの体制の充実が求められます。

神奈川では周産期病院と診療所の連絡会というのがあって、産科医や助産師さんのネットワークができていると聞きました。安心して出産、子育てのスタートが切れるような連携はとても心強いです。

PAGE TOP