日本共産党
神奈川県議会議員

石田 和子

いしだ かずこ
くらしと平和 希望ある未来へ
石田 和子
ブログ

第3回前半議会最終日、葉山港の指定管理者指定議案、基地から流出のPFOS問題に意見書。

2022年10月16日

IMG_3126[1875]

10月14日、第3回定例会(前半議会)の最終日でした。特徴的なことを4件報告します。

●今議会で「当事者目線の障害福祉推進条例」が、「〜ともに生きる社会を目指して〜」の副題と、「障がい当事者とご家族の多様なニーズに対応できるさらなる整備・拡充、担い手人材の育成・確保と処遇改善、実効性を担保する財政支援と推進体制の機能強化に努める」を盛り込んだ意見を付して全会一致で採択されたことは大きな特徴でした。それに先立って行われた7日の常任委員会には傍聴者の方々が見守る中で、会派の意見発表や委員会採決が行われ、全会一致で採択しました。

骨子案を見たときは、正直言って、この骨子案で示された条例ではとても障がい者の人権の保障と障がいを理由とする差別を禁止し、尊厳を持った暮らしを送ることはできないのではと思いましたし、パブリックコメントも600件を越す意見や、当局が聞き取りを行った当事者、当事者団体、支援団体からも多数の意見が出され、皆さんの受け止めやご意見を読ませていただきました。第2回定例会に出された素案は、そうした意見がいくつか修正されて報告されました。

それでもなお、譲れない問題があって私は7月の常任委員会で質問し修正を求めました。いくつか検討するとの答弁でしたが、その場では納得のいく説明はあまりなく、私はパブリックコメントや関係団体との夏の懇談でいただいたご意見や、障害者権利条約や障害者差別解消法にふれて法律の趣旨を述べたりして主張、要望しました。

9月7日開会の第3回定例会で提案された条例案には、質問し求めてきた大切な部分が全部ではないものの反映、修正されておりました。私は9月代表質問と10月の厚生常任委員会で確認とさらなる質問をしてきました。

条例が可決成立しましたが、これから条例の趣旨を生かし、条例にのっとった施策がどう展開されるかしっかり見ていきたいと思いますので、ご意見や要望を聞かせていただければと思います。

葉山港の指定管理者の指定議案について共産党は反対し、井坂団長が反対の理由を討論で述べました。反対討論の全文は後ほど県議団のホームページで掲載されますのでご覧ください。

候補者となっている湘南サニーサイドマリーナが、これまで横須賀市の佐島漁港芦名地区において条例違反を繰り返し、行政指導を受け、昨年行政罰である過料の一つである過怠金まで課せられた事業者です。港の中で3箇所の水域を無許可で占有する違反、無許可で140本もの杭を打つなど浮桟橋を作ったため、市から原状回復の文書指示が出され3件の過怠金が課せられた。他にも許可なく岸壁をかさ上げ、護岸補強工作物の占有申請をしていなかったことによる過怠金が課せられたなどなどです。

しかもこれらの条例違反や過怠金を課せられた内容について、県は「重大な事故や不祥事に当たらない」として、指定管理者の選定の際に外部評価委員に伝えていなかった問題があります。過怠金という行政による罰則をあまりにも矮小化するとともに、県民に対し、法令遵守の意識を低下させるものと言わなければならないとして厳しく断じました。

この議案に関連し、葉山町議会では11日の本会議で、県知事に対して、「葉山港の適正な港湾運営を確認する意見書」が全会一致で可決されていること。さらに葉山港の利用者団体からは指定管理者の選定に問題があるため指定管理者の再考を求める意見が出ているとのことです。

指定管理者の指定議案は本会議で議決事項です。今回のこの議案は議会としての行政へのチエック機能の役割が強く求められるものと県会議員のみなさんに呼びかける討論を行って共産党は反対しました。

●14日、県議会は、米海軍横須賀基地も含めてPFOSなどの流出が相次いでいることを踏まえ、原因究明や再発防止、十分な説明と補償を求める意見書「在日米軍基地からの相次ぐPFOS等の流出に対し抜本的対策を求める意見書」案を全会一致で可決しました。首相、総務相、外務相、環境相、防衛相宛に提出します。

共産党議員が配属されていない総務政策常任委員会に付託された「カルト宗教と政治家との関係についての陳情」が全員一致で否決されたこともショックな出来事です。陳情の要旨は、統一教会などカルト宗教と政治家との関係を断つよう政府に意見書を提出するよう求めた陳情です。請願と違って陳情結果は本会議の採決はしないので、委員会採決の結果だけ記録されます。委員会で誰も賛成しなかったということですから、不可解です。

IMG_3135[1876]

閉会後に、私たち県議団は来年の統一地方選挙に向けた重点政策第1次案の議論をしました。県議選に臨む今現在の候補者含めて行い、終わった後、みんなで写真を撮りました。私とバトンタッチするのずえ明美さんとツーショットの写真も撮りました。

PAGE TOP